目を守ってくれる各種成分|十分な栄養を摂取すれば認知症を予防できる【毎日の習慣にしよう】

十分な栄養を摂取すれば認知症を予防できる【毎日の習慣にしよう】

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

目を守ってくれる各種成分

背広の男の人

目の対策に最適な栄養素

疲れ目は慢性化しやすいので、眼精疲労を解消する健康食品で抑えていきましょう。ルテインは眼球を紫外線から守ってくれる成分であり、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれています。目を酷使する方に最適な栄養であり、カロチン系のサプリに含まれています。白内障や黄斑変性症などの眼病を予防する作用もあるので、30代から摂りたい栄養素です。アントシアニンはブルーベリーの成分としておなじみで、眼精疲労を解消するために最適です。眼病予防はルテインですが、眼精疲労解消にはアントシアニンのほうが適しています。即効性を得られやすい成分ですが、24時間で作用が消滅するので毎日摂取する必要があります。ルテインとアントシアニンを併用すれば、目の対策はほぼ完璧と言えるでしょう。

眼球をダメージから守る

アイブライトは眼病の炎症を抑制する栄養素で、血行促進をして眼精疲労を予防します。長時間のパソコン作業は眼球の血行不良を招くので、蒸しタオルを当てて保湿したり、アイブライトサプリを飲んだりする対策が効果的です。アスタキサンチンは地球上で最も抗酸化力が高く、眼球をダメージから守ってくれます。サケが遡上をするときに大量のスタミナを消費しますが、そのスタミナの源となるのがアスタキサンチンなのです。海のカロチノイドとも呼ばれており、細胞を活性酸素から守ってくれます。眼精疲労が慢性化する方は、紫外線や活性酸素のダメージを多く受けている可能性があります。眼精疲労によい健康食品を利用してダメージを軽減し、眼精疲労と併発する頭痛・肩こりなども解消していきましょう。